交通事故 物損事故で届ける前に知っておきたい知識

交通事故に巻き込まれてしまった場合、事故の状況を見分け人身事故か、物損事故として届け出をすることになります。

しかしこの2つの違いは何なのかを理解しないで安易に判断し、届出を出してしまうことで被害者が損をしてしまう場合があります。

この記事では、そんなトラブルにならない為に知っておきたい知識について解説していきます。

人身事故

交通事故には、人身事故物損事故という2つの種類があります。

人身事故とは、死傷者が存在する事故のことで、被害者が怪我をしたり、死亡したり、身体や生命に関わる障害が発生した場合の事故のことをいいます。

物損事故

物損事故とは、事故によって生じた被害が自動車や物品の破損にとどまる事故のことを指します。

交通事故では、その事故により人がけがをしていなければ物損事故となります。

つまり事故により人が怪我または死亡しているか?していないか?の違いで判断されます。

人身事故と比べ物損事故にすると損をする理由

さて、人身と物損の違いを見ていきましたが、次に物損事故での届け出では「どのような点で損をしてしまうのか?」について見ていきます。

具体的な点は、物損事故で届けを行い交通事故の過失割合について被害者と加害者との間で争いになった時に、事故状況の証明に役立つのが警察の実況見分調書ですが、物損事故の場合、警察が作成するのは簡単な物損事故証明書のみになってしまうことです。

簡単な物件状況報告書しか作成されませんので、物損事故として届け出ると、事故状況について過失割合の争いが発生したときに、事故の状況を証明できる資料がなくなってしまう恐れがあるのです。

そのため物損事故だと特別な理由でない限り慰謝料の請求ができなくなります。

またよくあるのが事故当時は体に不調なく、外傷もなかったため車の物損のみと自己判断で届け出をしてしまった場合です。

この場合は最悪、後日に体の痛みやケガの症状に悩まれ、病院に診察に行って診断をもらっても、それが交通事故の原因として判断してもらえず、治療費が慰謝料として請求できず実費になってしまうケースです。

もちろん、事故当日に病院に行って診断をもらっていれば、その診断証をもとに医療費を相手方の保険会社に請求することが出来たはずだったのに。

更に物損事故の届け出の場合、車の修理費用や買い替え費用などは、賠償金として請求できますが、人身事故に比べて請求できる金額が少なくなります。

物損事故で届け出を出してしまったら人身事故に切り替えるべき

結論、物損事故で届け出を出してしまっても、切り替えは可能です。

なぜなら、交通事故が発生した際に人身事故なのに物損事故として届け出てしまう方が多くいるからです。

そのため警察でも、事故後一定期間内であれば人身事故への切り替え申請を認めています。

切り替えをするには1週間~10日以内くらいに行うことが必要です。

あまり時間が経つと「今更言ってきても人身事故だったかどうかわからない」と判断されて、切り替え申請を受け付けてもらえません。

万一誤って物損で出してしまった場合、なるべく急いで人身事故に切り替えましょう。

まとめ

交通事故に巻き込まれた際に、人身事故か物損事故どちらにするか聞かれたら、自身の体に外傷が見当たらなくともまず人身事故で届けを出しましょう。

決して「面倒だから」「相手が困っていそうで頼み込まれたから」などの理由で物損で届け出してはいけません。

そのあとにむち打ちや事故に後遺症が出たとしても、長期間の入院費を実費で負担しなければいけません。

また事故に巻き込まれて不安や分からないことがある方は、すぐに弁護士などの専門家に相談してみるのも手段の一つです。