追突事故に遭った場合に請求できる慰謝料の相場

追突事故とは、後ろの車両が前の車両に後方から一方的にぶつかる事故で、交通事故の中でも最も多い事故です。

では追突事故に遭ってしまった場合、慰謝料の相場はどれくらいなのでしょうか?

慰謝料とは

慰謝料とは、不法行為により被った精神的苦痛に対する賠償のことで、入通院慰謝料後遺障害慰謝料があります。

入通院慰謝料は、交通事故が原因で負傷し、病院に入院または通院して治療を受けたことについて精神的苦痛を被ったとして、それに対して支払われる慰謝料です。

後遺障害慰謝料は、治療の結果、完治せずに後遺障害が残ったことによる精神的苦痛を被ったとして、それに対して支払われる慰謝料です。

慰謝料は物損事故では適用されず、人身事故の場合にのみ請求する事ができます。

追突事故の慰謝料相場

慰謝料を決めるためには3種類の算出基準があり、どの基準が適用されるかによって慰謝料の金額は変わります。

入通院慰謝料は、いずれの基準によっても、通院日数または通院期間を基礎に決めることになります。

自賠責基準

自賠責基準は自賠責保険が定めている基準で、被害者が最低限の補償を受けられるように金額が設定されています。

そのため、3つの基準の中で最も低い金額となっています。

入通院慰謝料は1日4,200円をベースに、この金額に通院日数をかけるなどして慰謝料を計算していくことになります。

4200×通院日数=入通院慰謝料

任意保険基準

任意保険基準は任意保険会社が独自で定めている基準で、金額は非公開とされています。

金額は一般には自賠責基準と弁護士基準の間といわれています。

弁護士基準

弁護士基準は弁護士が保険会社と交渉する際に用いる基準で、3つの基準の中でももっとも高い金額が設定されています。

裁判基準ともいわれており、過去の裁判例をもとに金額が設定されています。

金額については、民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準に記載されています。

入通院慰謝料通院は1か月で28万円、2ヶ月で52万円、3ヶ月で73万円となっています。

軽微な追突事故の場合は治療費や休業損害などが低額で収まることが多いため、慰謝料を自賠責基準で計算することが多いと言われています。

追突事故の過失割合

慰謝料を請求する際に気をつけなければならないのが過失割合です。

基本的には追突事故の場合、被害者の過失は0ですが、場合によっては被害者にも過失が認められます。

被害者にも過失が認められる例として、駐停車禁止場所に停車していた場合や、不要な急ブレーキをかけた場合、飲酒運転をしていた場合、無免許運転をしていた場合等が挙げられます。

被害者にも過失があった場合には、過失割合によって損害賠償や慰謝料が減額されてしまいます。

過失割合に納得がいかない場合には、書類等を集めて被害者自身が過失割合に関して争うことも可能ですが、妥当な過失割合を獲得することは難しいため、一度弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

追突事故で請求できる慰謝料の相場は、事故で負った被害の度合いや3種類の算出基準によって決まります。

弁護士基準での算出基準が最も高いため、慰謝料請求の際には弁護士にまず相談をしてみることをお勧めします。